派遣薬剤師が語るリアルな時給事情

ドラッグストアの時給がよい

派遣で薬剤師をやってますドラッグストアの時給がよい派遣として薬剤師として働くのも一つの手

さらに重要なこととして、どこで働くかも金額に影響します。
個人的に最もおすすめなのがドラッグストアで、近年どんどんと乱立して数を増やしている分、どこの店舗も人が足りなくて苦労しているのです。
ただしっかりと何人も正規雇用で囲い込もうとすると、いざ業績不振に陥った際に解雇がしにくくなります。
そこで契約形態がフランクな派遣の薬剤師を、高時給で集めようというわけです。
また、調剤薬局もおすすめです。
調剤薬局は病院と併設されていることが多く、沢山の患者さんが訪れます。
日によって忙しさに差はあるものの、こちらも慢性的な人手不足には変わりありません。
私も実はこの調剤薬局で働いており、以前の職場である病院を通じて紹介してもらいました。
仕事自体にそこまでの難題はありませんから、ある程度慣れてしまえば忙しくなっても十分対応できるのが働きやすい部分かと思います。
逆に派遣形態でも時給が安いのが、病院勤務です。
寧ろ病院はそういった形での人材集めを積極的に行わないのですが、どうしても人手が足りなくなったときに急場を凌ぐ形で雇用することがあります。

東京都内の派遣薬剤師の時給
ついにここまで来たか pic.twitter.com/e9p2M88WoR

— かっきー@きょうりょく薬剤師【フリーランス薬剤師マッチングエージェント】 (@Kuroneko_Kakki) September 23, 2020